名物を食べる|夢から覚めたら別世界|夜行バスはバスによって楽しみ方が変動
旅行鞄

夢から覚めたら別世界|夜行バスはバスによって楽しみ方が変動

名物を食べる

食事

旅行では普段見たことのない風景や、その地の名物を食べるという楽しみ方があります。特に名物料理は普段食べている食事とは違った感動があり、食べることでより旅行を満喫しやすくなります。例えば、別府です。別府は温泉の湧き出る量が日本一といわれており、別府のあちこちで温泉が湧き出ています。そのため、日本のみならず海外からも観光客がやってきて温泉を堪能します。別府はそれだけではなく、鶴見岳などの山もあり、自然を十分に満喫することができます。
別府の名物としては、とり天が有名です。大分県のソウルフードであり、発祥の地でもあるのが別府です。とり天は別に別府でなくても食べることができますが、別府のとり天は一味違います。つけダレやカボスの有無、あっさり系やガッツリ系などとり天のバリエーションが店ごとに違い、味わいが少し少し違います。そのため、ランチメニューで出るとり天は店ごとに違うので、ランチ兼食べ歩きで食べ比べをしてみるのも面白いかもしれません。
他にも、温泉地ならではのランチメニューも多いです。例えば温泉の湯気で蒸したプリンや蒸し卵はランチメニューとしてだけではなくおみやげとしても人気が高いです。他にも、麺類でしたら別府冷麺は人気であり、ランチではなくディナーとして冷麺を食べる人が多いです。このように、別府は名物が豊富にあり、温泉と名物の療法を楽しむことの出来る観光地として知られています。そのためか、ランチをメインにしたバス旅行などもパックツアーで多く見かけます。